HOME>Column>ひかり電話を利用すると高品質通話が楽しめる

ひかり電話を利用すると高品質通話が楽しめる

固定電話

ひかり電話とは

ひかり電話はNTT東日本・西日本が提供するIP電話サービスです。IP電話は音声をネットワーク経由しますが、こちらでは光ファイバーを使って通話します。高速で高品質の回線を提供しているので、従来の電話よりも安定性が優れています。他にも基本料金が安いというメリットがあります。従来のアナログ回線では月々2500円、ISN回線は3000円前後です。ひかりなら月々500円、オフィスタイプであっても1000円前後と安くなります。また、通話料は全国場所を問わず一律で3分8.4円です。携帯電話へは1分16.8円で他社にかけると18.3円です。国内だけでなく国際電話も安くなるのでどんな人でも安心して利用できます。加入した後も現在の番号をそのまま利用できるのも便利な点です。ただし、条件によっては移行できない場合もあるので事前に確認しましょう。

受話器

契約の流れ

ひかり電話を利用する際はフレッツ光の加入が必要です。ネットを別にして電話のみを利用することはできないのでまずはフレッツに加入しましょう。地域や建物環境によっては利用できない場合もあるのでまずは利用可能かどうか確認して下さい。個人かオフィスプランか絞り、担当スタッフが適したプランを提案します。契約が決まったら手続きに入ります。基本的に書類は不要ですが、身分証明書が必要な場合もあります。手続きが済んだら提示された電話番号の中から希望の番号を決定します。以上が完了したら電話工事する日程を決めます。土日・祝日も行えますが、工事には利用者の立会いが必要となります。当日の都合が悪いのなら代理人の方でも問題ありません。工事の所要時間は30分〜1時間となりますが、建物の環境によってはもう少し時間がかかります。完了したら発着信テストを行ってOKなら当日からすぐに使えるようになります。テストにはひかりに対応する電話機が必要なので事前に揃えておきましょう。

広告募集中